座禅会・霊園のお問い合せ
慧然寺 都心で見つける静かな空間。門前仲町・座禅会・霊園

岡田米仲点印塚 天明6年在銘

(おかだべいちゅうてんいんづか)

位置:本堂裏

建立年代:天明6年(1786)11月再建

寸法:総高152.5cm

石質:安山岩

刻銘:岡田米仲の句と、米仲の父道休居士が没する時の語、米仲の弟子たちの句が刻まれている。(下記に記す)
岡田米仲は、江戸の人で、俳諧は2世清峨の門下。八楽庵・冲巣・青壚などと号した。その著書『たつのうら』は、当時の俳人の最も信用される肖像かつ墨蹟集である。また『靱随筆』(宝暦9年〈1759〉)は、当時の江戸座俳人の消息や句を収めるなど俳人の随筆中最もすぐれたものの一つ。明和3年(1766)6月15日没。

正面
是ハ【 】 智モ無     ふしのねの
雪 消息 風      雪も六月
     岡田氏       是ハ【 】
              岡田米仲
父道休居士六十歳にして
死す時の語也我も亦六十歳の
今月今日

【 】内の文字は変換できず。

右側面
ふしの雪並のしるす行儀  秀億
さらし井の水や唇八功徳  由林

背面
點印塚        願主
明和三丙戌六月建之   榎本牛呑
天明六丙午十一月再建  河井凡我

左側面
師ハ先に深しき道の案内哉  牛呑
要ぬけ扇子も風のわかれ哉  凡我

okadabeicyu01.jpg

okadabeicyu03.jpg

■所蔵文化財等

紙本墨画達磨像

寛文8年(1668年)以前 開山別伝和尚画  明治28年(1895年)5月 金井氏より寄進

掛け軸

寒光寺所蔵の掛け軸です

石造燈籠

寛文八年在銘 開山墓の前にあったもの

岡田米仲点印塚

天明6年(1768年)11月再建 岡田米仲は江戸の俳人。米仲と父道休居士の句が刻まれている。

板碑

鎌倉時代から室町時代 区内唯一の板碑

石像五輪塔

開山別伝和尚の父母、三世東水和尚の父母・兄姉の墓

地蔵菩薩像

宝永3年(1706年)在銘 開祖雲山和尚により造立される。

天愚孔平の墓石

千社札の元祖天愚孔平の墓石2つです

川端康成「以文會友」

川端康成自筆の「以文會友」の石碑です