キャッシュレス化が進む世界の現状

 

世界的な傾向として買い物をする時に、現金支払いと言う方法ではなく、カードを利用したキャッシュレス化が進んでいます。

 

現金を持つことなく、買い物が出来る便利なカードですが、日本での利用率は、先進国の利用率と比べるとはるか遅れているのが、現実です。

 

日本でのカード利用利用率は、2017年で約18%と言われます。世界と比較して見ると、世界では9番目の利用率になっています。

カード先進国の代表例が、カナダとスェーデンです。特にカナダの場合には、カード利用率が50%を大幅に超えており、2030年には、利用率が90%を超えるまでになると言われています。

 

更にスェーデンでは、現金以外での決済率が60%までに迫っているのが現状です。そして経済大国になった中国ではカード利用率が6位までになっており、国民の多くがキャッシュレスカードを利用するようになっています。

 

他国と変わった所が、スマホによるモバイル決済が進んでいることです。その数は、アメリカの5倍にまでなっていると言われますので、相当大きな数字になっていると考えられます。

 

日本のキャッシュレス化が遅れる原因として、治安の良さが言われます。海外などを見てみると、治安の悪く、現金を持ち歩くことが物騒と言う国が多いのが現実です。

 

万が一、強盗や泥棒被害にあった時、現金は絶対と言ってよいくらい返って来ません。その点、カードは盗難にあってもすぐに被害届けを出すことで、金銭的な被害を受けずに済むことになります。海外旅行 おすすめ デビットカードはこちらです。

 

治安の良さ、悪さがカード普及の要因に関わっていると言えるのでしょう。

 

クレジットカードのデメリットを補うカードは

キャッシュレス化を代表する代表的なカードが、日本においてもかなり昔から利用されているクレジットカードです。

 

全ての店舗で利用出来る訳ではありませんが、カードを利用することで、後日の支払いになることになることや、ポイントが付くなどのメリットもあることから、利用者は増えて来ています。

 

この即日クレジットカードを作るためには、クレジット会社とか信販会社と契約する必要があり、審査を受けて審査に通ることが前提条件となります。

 

このクレジットカードのメリットは、後払いと言うことだけでなく、一括払いや分割払い、ボーナス兼用での支払いなど、支払い方法に種類があると言うことです。

 

利用する環境によって、支払い方法が変えることが出来る便利な方法となっています。そんなクレジットカードはメリットも多いのですが、反面デメリットもあります。

 

クレジットカードは、収入や利用度に応じて利用限度額が設定されることになります。利用歴が多くなると、しっかりとした実績を積むことで、利用限度額も大きくなります。

 

その利用限度が大きくなった上に、回数の利用制限がないこともあり、気が付いた時には、使い過ぎていたと言うデメリットも存在します。利用額のチェックを少しでも怠ると、大きな請求が来てしまうと言った失敗も考えられます。

 

キャッシュカードの一体化で便利なカード

この失敗をなくすためにあるのが、デビットカードです。カード作成時の審査はないと言って良く、銀行に口座があることが条件で住所・氏名がハッキリしていれば大丈夫と言うことです。

 

ブラックリストに載っている人などは、クレジットブランドカード審査に落ちる場合もありますが、銀行発行カードによっては審査が通るものもあると知っておきましょう。

 

基本的にはクレジットカード同様、国際的に利用が可能なカードとなっていますが、日本では日本国内だけで利用出来る特別なデビットカードも存在します。海外でのクレジットカードは、日本のデビットカードと同じ働きをします。

 

このデビットカードは、利用した時点で銀行口座から、お金が引き落としされることになります。クレジットカードと違い、後日引き落としではなく、当日その時点での引き落としとなり、現金を利用したと同じことになります。

 

財布の中身が銀行口座にあり、銀行からクレジット会社を経由して、買い物をしたお店にお金が支払われたと言う考え方になります。そのため、持ち合わせ以上の買い物が出来ないシステムとなっています。

 

クレジットカードと違うところは、買い過ぎを防ぐことが出来るメリットがあることです。そんなデビットカードで、現金を下ろすことが出来るキャッシュカードとの一体化をして欲しいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

デビットカードは、お金を使うカードでキャッシュカードはその使うお金を下ろすカードと別になっているのも、不便と考える人も多いはずです。二つのカードが一体化されることで、非常に役立つカードへ変身することになります。

 

そんな二つの仕事が一体化されたカードも存在します。そのためカードには、この両方の作業が可能な一体化されたカードと片方のみの作業となる分離さたままのカードが存在することになります。どちらをカードが良いのかを考えて、カード作成をすることがベストな方法となります。

 

日本で作られるデビットカードの多くは、一体化されたものとなっていますが、セキュリティが心配と言う人も出て来ます。買い物をする時にキャッシュカードを店員さんなどの他人に手渡すことになり、少し心配と言う人は、分離型カードの作成をお薦めすることになります。

 

不正利用を防ぐためのセキュリティ対策は必須

 

暗証番号の見直しや変更ができます。キャッシュカードだけでは、お金を引き出すことはできませんが、暗証番号を知られていることで、カードを持つ本人でなくても不正にお金を引き出される恐れがあります。

 

銀行のATMによっては、セキュリティが強化されているところもあり、手をかざすなど、別のセキュリティ対策も進めて、不正にお金を引き出されないように対策を取ってくれる所も探せます。

 

銀行のセキュリティ対策をチェックする事も大事なポイントですし、キャッシュカードを持つ時に、暗証番号をシンプルなものにしないように注意が必要です。

 

誕生日や趣味に関連した番号など、他人が予想できる番号にしないように、自分とはあまり関係がない暗証番号を考えて、きちんと番号を覚える事で、被害を防ぐことにつながります。

 

海で泳ぐ時など、財布を離れてたところに置き、盗まれてしまう恐れもあるため、日ごろから盗難に注意する事が必要ですし、定期的にパスワードを変更するなどの対策もおすすめです。

 

オンラインバンキングのサービスを利用する方は、サイトにログインをする事で、カードの暗証番号やパスワードを定期的に変更する事ができます。同じパスワードを使い続けていることで、不正にログインされる恐れがあるため、定期的にパスワードを変更する事を考える事も大事です。

 

キャッシュカードの機能が付いたデビットカードを使う方も多く、カードを使って支払いを済ませたり、コンビニATMでカードを使って用事を済ませる方もいます。

 

いろんなお店でカードを使う場合、セキュリティの事をよりしっかりと考える必要があるため、定期的にセキュリティ対策の見直しやパスワードの変更をするなど、行動を起こす事に注目です。

 

面倒に感じる事は、後回しにする方もいますが、早めにセキュリティ対策を進める事で、トラブルを避ける事につながるため、早めに対処する重要性は大きいです。

 

ATMでデビットカードを使えます

インターネット通販サイトで買い物をする時に、デビットカードを使う事もできたりと、カード払いができるようになれば、いろんなお店で買い物を楽しめます。

 

カード払いでないと支払いが不便に感じる通販サイトもあったりと、ネットショッピングも気軽に楽しめるように、デビットでの支払いのメリットに注目です。

 

デビットカードを持つ時に、お店でお会計をする時に使うだけではなく、ATMで用事を済ませる時に使う方もたくさんいます。キャッシュカードの機能が付いていることで、お金の預け入れや引き出しなど、必要な用事を済ませる事ができるようになります。

 

ATMでもカードを安心して使えるように、手数料の比較をして、使いやすいカードを見つける事も重要です。

 

一か月の手数料無料回数が決まっている所もあるため、深夜の時間帯でも、コンビニATMを利用できれば、手数料を気にすることなく、必要なことを進めていけます。

 

手数料無料回数を増やしたい方は、会員のランクが上がる事で、一か月の手数料無料回数が増える所もあり、銀行の特典をチェックする事で、カードをより使いやすくなります。

 

比較を進める際に、デビットで買い物をする時の事を考えるだけではなく、ATMを利用するときの事もきちんと考えて、使いやすいカードを見つける事もおすすめです。

 

複数のカードを持つ方は、覚えやすいように同じ暗証番号に設定する方もいますが、同じ番号にする事で、カードを盗まれた時に大きな被害に合う恐れがあります。ATMを使う時は、カードそれぞれに違う番号を設定して、セキュリティを強化できるように、対策をきちんと取ることが求められます。

 

定期的に情報をチェックする事も必要

不正にお金を使われている時に、定期的に情報をチェックしている方なら、早く気づく事ができ、きちんと対策を取る事ができます。

 

インターネット通販サイトで買い物をする時に、お試し商品を購入したつもりでも、知らない間に定額コースに加入しているなど、トラブルが起こる場合があり、すぐに気づける事は大事です。

 

デビットカードは、即時決済がされるため、定期的に取引履歴や口座の残高を調べていることで、不正にお金を使われないようにチェックでき、万が一の時にも迅速対応ができます。

 

被害に合わないためのセキュリティ対策も必要ですし、万が一の時に冷静に対処できるように、早めに異変に気づきやすいデビットでの支払い方にも注目です。

 

インターネット通販サイトで買い物を進める時は、いろんなお店にカード情報を登録してトラブルが発生しないように、信頼できる企業にだけ、大切なカード情報を登録する事が求められます。

 

お金の管理がしやすいように、たくさんのクレジットカードを持つ方は、デビットでの支払いも含めてカードの見直しを進めることで、使いやすいカードに絞れる方もいます。

 

デビットカードは、お金の使いすぎを防ぎやすいカードとして、注目する方も多く、セキュリティの面でも安心して使えるカードを探せます。

 

デビットカードやキャッシュカード等によるキャッシュレス化の利点と欠点

日本においても電子マネー、あるいはキャッシュカードが行き渡り、キャッシュレス化が進行してきたといわれています。しかしながら現金でないと安心できない人も根強くいると考えられます。加えてクレジットカード、あるいはデビットカードに関しましては、限定的な用途にしか使ってない人も多いでしょう。

 

パーフェクトにキャッシュレスにすると、相応のデメリットもありそうです。キャッシュレス化においてはIT技術を利用できずには促進することができません。カードリーダーといった端末一つとりましても、IT技術が向上しなければ保安面でも不安が生じるものでしかないでしょう。

 

スピーディーにできるものではないのですが、当然IT技術は歩を進めます。このことに応じて、一層セーフティーで費用がかからないキャッシュレスのシステムも拡がっていくでしょう。

 

社会のキャッシュレス化の主な利点

キャッシュレスのメリットとしまして、まず現金のわずらわしさから解き放たれることがあげられます。

 

キャッシュカードやデビットカードそれから、おサイフケータイなどを活用することで財布が小銭で一杯にならない、ATMを利用することによって現金を下すために並んだり、或いは時間によりましてATM利用に関する取扱い手数料を払ったりということがなくなるでしょう。

 

とても大きな額を持ち歩きすることが必要なくなり、盗難といった不安も軽減されるメリットもあります。クレジットカード、あるいはデビットカードでは、盗難並びに紛失補償などがセットにされており、不正使用されたとしても期限内でありますとカード会社が負担することになりますので安心です。

 

また、クレジットカードにつきましては、社会的信用度があります。 クレジットカードを持つため、発行会社の審査が存在しています。収入額があることそれから、金融トラブルを起こしていないなど社会の中での信用を表すことができます。

 

近頃ではクレジットカードの裾野が拡大をみせていることから、前のようにステータスの証というようなことまではいかないカードも見受けられます。そうは言っても、どんな人でもクレジットカードを持つことができるわけではない部分は揺るぎません。

 

また、クレジットカード、あるいは電子マネーにおいてはポイント還元が見られるため、キャッシュでの購入に比べてリーズナブルさがあります。還元率がそれほど高くないといわれているデビットカードであっても、現金を利用することによって購入するよりはお得です。

 

さらに、利用履歴によって金銭管理がが簡単になります。 クレジットカード、あるいは電子マネーにつきましては利用履歴が残ることになります。デビットカードでしたら活用した時にEメールで通知が届けられますし、期間を遡って利用額などもチェックできます。

 

家計簿代わりに利用でき、金銭管理が容易くなるでしょう。

 

キャッシュレス化にあたっての欠点

キャッシュレスの留意すべき点としまして、 種類が非常に多く使い分け、あるいは選定が非常に難しいことがあげられます。

 

クレジットカードでしたら、銀行、或いは信販会社等が発行しているもの、或いはショッピングモール並びに百貨店などが発行しているもの、いずれにせよタイプが多いです。加えて国際ブランドに関しても複数見受けられます。

 

デビットカードでしたら、国際ブランドが発行するものも拡がっています。電子マネーに関しても交通系のような一般的なタイプ、後払いタイプなどバリエーションも少ないとは言えません。 今このカードのみ持っていれば問題なしというわけではありません。

 

現金を可能な限り利用せずキャッシュレスを徹底したいとするなら、キャッシュカードなども含めて、複数のキャッシュレスの手段をセレクトしうまく利用することが求められます。このあたりの選択方法がとても難しいと感じる可能性があります。

 

また、利用することができるところと利用できないところがあります。 店サイドがどこでもカード支払いに対して応対しているわけではありません。さらにキャッシュカード、あるいは電子マネーでも、タイプによって受け入れてくれる場合、できない時があるでしょう。クレジットカードにおいては、使用額が決めてある店もあります。

 

その結果、ユーザーはキャッシュレス化を意図しても、現金でなければ購入できないものがあるかもしれません。 さらに後払いは使い過ぎる点も留意が必要になります。 クレジットカードに関しましては、利用額を原則として1ヶ月に一回払うことになります。

 

ボーナス払いであったり分割払いが可能なカードも見受けられますが、後払いには違いはありません。要するに、その際の所持金、給料からどれほど残っているのかなどを認識しないまま使い過ぎてしまう場合もあります。

 

これを阻止するには、活用する額のみチャージすることができるおすすめデビットカードのプリペイドスタイルの電子マネーを有効に活用する手法があります。

 

それに加えてデビットカードでしたら口座の金額のみを、店で決済したときに併せて引き落とすことになります。

 

口座残高がないと、活用することはできません。